引っ越しの多い時期と少ない時期は?の詳細

TOPページ > 引っ越しの多い時期と少ない時期は?
引っ越しの多い時期と少ない時期は?
引越しはシーズンごとに何か違いはありますか?

――引越しが多い時期少ない時期を教えていただけますか?

まずですね、1月は少ないです。

――1月は多そうなイメージがあるんですけど。

1月少なくて、2月から除々に上がり始めまして、3月の15日以降から繁忙期と決まっています。

3月15日〜4月20日ぐらいまでは、通常使っちゃダメな法人の白ナンバーのレンタカーでも引越し業者が引越しに使っていいっていう特別な国が決めた時期なんです。普段は緑ナンバーしか、引越しに使っちゃダメなんですよ。3月15日〜4月20日のその時期がいわゆるピークです。

――5月以降は暇になると?

5月のGW以降は暇になって、1年の中で6月が一番暇です。7月は夏休みに入るとあがってきまして。

――へーそうなんですか。それは何でなんですか?

夏休みは夏の繁忙期です。夏休みを利用して引越しする、ご家族の引越しが多いんです。

――夏休みを利用した家族の引っ越しですか。

春のうちにお父さんだけが単身で先にいって、お子さんたちが1学期終了後夏休みにご家族で移動するっていうケースが多いんです。夏の狙い目はお盆です。お盆は誰も引っ越さない。

――引っ越したらアカンとかはない?

特にないです。お盆は実家に帰ったりするので、割と引越し屋さんが暇なんですよ。夏を安くしたいなって思ったら、お盆に引越しするといいですよね。

今度は9月末が秋の転勤シーズンになるんで、10月は意外と高いです。11月がまた安くなりますね。

引越し屋さんはどこでも、1月6月11月は赤字ですね。繁忙期は3月4月7月10月12月ですね。12月の中旬以降は冬の繁忙期ですので、12月は20日以降が値段が上がります。

――僕の引越しが12月ですけど、11月と12月の繁忙期とずれてたらどれくらい変わりましたかね?

11月だとかわらなかったでしょうね。これがもし12月末だと35万ですね。

――35万?全然違いますね。15万も違うんですね!これがさらに一番の繁忙期3月になってくるとなるとどうですか。

梱包があって、エアコンがあって、付帯作業があると60万ぐらいですね

――え!?60万?全然違いますね。3倍じゃないですか!

すると思いますよ。安い所で40万、普通の所で50万。エアコンが入っているんで、本体50万前後として。あと梱包も入っているんで、60万ぐらいですね。

――本当ですか〜?時期によってそんなにかわるんですね。

興味があったら一度取ってみてください。



引越し見積もりイメージ
これだけ安くなりましたっ!※証拠画像付き
喜ぶ人
私が一括見積もりサイトを使うことで実際にどれだけ安くなったのか?を証拠画像付きで掲載しています。これから引越しする方にとって参考になれば幸いです。 >> 詳しくはこちら
東京への引越し体験記!
手を挙げる人
地方と東京では生活環境が全く違います。人が多い、家賃は高い、通勤スタイルの違い...etc
生活の変化に伴い暮らしに必要なモノも全く変わってきます!これから東京へ引越しする方への注意点とアドバイス
サイト運営者情報
運営者画像
はじめまして!当サイト運営者のはこびんと申します。当サイトは私達一家がド田舎から東京へ引越しするときに知り合った、某大手営業マンに直接インタビューしたことで作成したサイトとなります。 一括見積もり交渉時のコツ、実際にあった引越し時のトラブル話、失敗しないための引越し業者の選び方などお役立ち情報が満載です!
Copyright © 2012 引越しQ&A!引越し業者に料金の相場や手続きのコツなど直接取材! . All rights reserved