引っ越し業者の違いやメリット・デメリットは?の詳細

TOPページ > 引っ越し業者の違いやメリット・デメリットは?
引っ越し業者の違いやメリット・デメリットは?
引越し業者の会社規模やサービスごとの違いについて教えてほしいです。

――引越しについて聞いているんですけども、小さい業者や大きい業者の引越しってさまざまあるじゃないですか。小さい・大きいのメリットとかデメリットってそれぞれあったりしますか?

小さい方のメリットは安いですね!値段だけ追い求めていくのであれば、小さい業者の方が十分メリットがあると思いますね。

大きい会社でも安いところはありますけど、大きい会社でやるメリットっていうのは安心感じゃないですかね。

――具体的にはどういう所で違うんですか?

保証だったりとか、あと作業員の雇用形態だったりとか、そういった所ですかね。

――大きい業者と小さい業者の、作業員の雇用形態って何か違うんですか?

例えば、小さい引越し屋さんの住所を検索して調べてみると、アパートの1室だったりするんですよ。そもそも事務所やトラックステーションすら持ってないと言う感じで。結局そこに依頼した所で来るのは普通の運送屋さんなんですね。作業員さんは100%アルバイト。仕事が入った時に寄せ集められるアルバイトばっかりなので、作業の質は追い求めたらアウトですね。質なんか関係ないです。完全にコストオンリーなので。

――じゃ運送屋さんが引越し業者を名乗っているというのもあるのですか?

そうですね。私どもの専用業者から言わすと、そういう所は元請け業者といって、要は冠だけは「なんとか引越しセンター」ってかぶっていますけど、来るのはそこから委託を受けた小さな運送屋さんがということはよくあります。それはもうピンハネして下請けに流して終わりですね。

――そういうのの見抜き方ってないのですか?

パッと見、人間だけ見たらわかんないですけど、小さい業者さん、名前をしらないような引越し屋さんとかはほぼそれです。見抜くも何もほぼ100%それです。

――引越し専業でやってる所は少ない?

本当に下請けさん使わずに専業でやってる所はかなり少ないと思いますね。多分両手で数えるぐらいしかないと思いますね。

――どこらへんですか?アリさんとか?

アリさんやアークさん、アートさん、サカイさん、ウェルカムバスケット。

――ヤマトさんとか?

ヤマトさんと日通さんは兼業というジャンルで分類されると思うので、ちょっと違うんですよね。

――でも兼業でもちゃんとやるという?

ちゃんとやります。大きいですからね。看板がデカイので。

――佐川急便さんも?

佐川急便さんは引越しはやらないですね。あとセンコーさん。皇室の引越しで雅子様の引越しをやったのはセンコーさんですね。そういった大手の所は下請けにピンハネして流すことはないですね。そういう所は自社の作業員さんを自社採用で持っています。

――アルバイトと社員で違うと言う所があるんですか?教育はされていますか?

一重にアルバイトだから、じゃあ質が悪いのか?派遣社員さんを使ってるから質が悪いのか?って言われると、実際100%そうじゃないと思うんですよ。あたりはずれっていうんですか?専用業者を使ってもはずれの時もありますし、小さい引越し屋さんで、物1つや2つ壊されても覚悟しとかなあかんやろうなと思っても、意外とすごく感じよくてうまいこと終わる時もありますし。

ただ、その当たりくじの率ですね。5本中1本しかあたりがなく、そのかわり安い所を選ぶか。5本中4本あたりで、そのかわり1回のクジの値段が高いという所を選ぶか。どっちを選びますか?という感じですね。

――補償とかもだいぶ違うんですか?

補償は各社によって違いますね。自腹の引越し屋さんが多いですし、保険かけている引越し屋さんもありますし。まあいろいろですね。

――何を運ぶならなんの引越し業者がいいとかあったりしますか?例えばすごい電化製品や、パソコンが多いからこんな引越し業者がいいとか?

もし、家電製品とかそういった精密機器が多いのであれば、日通・ヤマト・サカイ・アート、この4社の中から選んだ方がいいと思いますね。

――なんでその4社なのですか?

この4社であれば、看板が大きいというのもありますけども、内部保証に関してもある程度保証してくれます。日通さんやヤマトさんは看板あるし、メンツがあるので、示談金としてある程度持っていると思います。サカイ引越しセンターなんかだと、東京海上さんが入っているので保険対応しますし、アートさんも看板があるので示談金としてもってくると思います。

だから保険で対応するサカイ、示談金でおそらく対応してくるであろう日通・ヤマト・アートという所がやっぱり無難だと思いますね。

――それ以外だと壊れたりしたらやっぱりダメなのですか?

例えば、アリさん、ヤマトさんだと、4tドライバーさんが40万、3tドライバーさんが38万、2tドライバーさんが33万で自己負担なんですよ。

そういう人たちが丁寧に運んで外傷がないのに、内部損傷を起こした時に、お客さんと交渉して示談金として自腹で絶対払わないんです。会社は会社で内部故障や自然故障に関しては、びた一文も払いませんので。

ですから、100%お客さんと作業員さんの示談交渉なりますが、内部故障とか家電製品とかでお金を自腹きって払うような作業員さんいませんから、100%お客さんの責任です。もし、精密機器とかが多いのであれば、この4社に絞った方がいいですし、逆にそんなの全然なくて、小物ばっかりだったらそれ以外の業者さんでも十分だと思いますね。

――そんなにかわるんですね。

補償は全然違いますね。消費者センターに年間2000件以上トラブルの相談がはいるんですよ。1日5.6件入るんですね。消費者センターから言わすと、トラブル産業・クレーム産業っていわれているんです。その中でもほとんど占めているのは家電製品とかの内部故障です。

「補償してくれない」「弁償してくれない」「なんで?どうしたら補償してくれるの?」という電話が消費者センターに来るんですね。

――あんまり小さな業者に頼むメリットって少ないですね。逆にいうとその4社以外に頼むメリットってあまりないぐらいじゃないですか?

そうですね、はっきりいって僕がユーザー側であれば、絶対この4社から選びます。

――引越し業者の中で、仲がいいとか悪いとかってありますか?

例えば仲が悪いっていうと、サカイ・アリ・アークさんなんかは仲が悪いでしょうね。ライバル意識が高いでしょうね。他社批判もすごいですし。

面白いのがアリさんとウェルカムバスケットっていう愛知県の業者があるんですけど。もともとアリさんが分裂した会社なんです。表面上でケンカすると言うのか…料金やプランでケンカし合って、悪口いい合いまくるんです。

ある意味料金だけを追い求めたら、その2社だと安くなりますよ。なかなか片っぽ断ると諦めてくれないので、疲れますよ。



引越し見積もりイメージ
これだけ安くなりましたっ!※証拠画像付き
喜ぶ人
私が一括見積もりサイトを使うことで実際にどれだけ安くなったのか?を証拠画像付きで掲載しています。これから引越しする方にとって参考になれば幸いです。 >> 詳しくはこちら
東京への引越し体験記!
手を挙げる人
地方と東京では生活環境が全く違います。人が多い、家賃は高い、通勤スタイルの違い...etc
生活の変化に伴い暮らしに必要なモノも全く変わってきます!これから東京へ引越しする方への注意点とアドバイス
サイト運営者情報
運営者画像
はじめまして!当サイト運営者のはこびんと申します。当サイトは私達一家がド田舎から東京へ引越しするときに知り合った、某大手営業マンに直接インタビューしたことで作成したサイトとなります。 一括見積もり交渉時のコツ、実際にあった引越し時のトラブル話、失敗しないための引越し業者の選び方などお役立ち情報が満載です!
Copyright © 2012 引越しQ&A!引越し業者に料金の相場や手続きのコツなど直接取材! . All rights reserved